浮気の証拠 調査

浮気の調査で裁判などの証拠として使えるもの

浮気調査では、密会の写真などが証拠として報告書に添付されますが、離婚裁判で慰謝料の請求などをするときの法的な証拠としては不十分なこともあります。相手が浮気の事実を素直に認めるのでしたら問題ないのですが、肉体関係の証拠写真などを要求するようないわゆる泥仕合になりますと、それなりの確たる証拠が必要となるようです。
裁判では、携帯でのメールのやり取りや写真などは浮気の直接の証拠としては認められないことが多いようで、また、ラブホテルの利用控えなども余り役に立たないそうです。
実際に裁判で役に立つ証拠としては、密会の回数が評価されるようですから、例えば、ホテルへの出入りの写真などでは1回だけではなく数回の証拠写真があると効果的だといいます。
このような浮気現場の証拠は、探偵事務所のような調査の専門業者を使うのが一般的ですが、料金がかかりますので、自分自身で調査する人もいるようです。しかし、専門的な知識等がない人が尾行等をしますと相手に感づかれる事が多く、却って相手方が慎重に行動するようになりますので、浮気の証拠を得るのが難しくなるそうです。


浮気は裁判などに発展する可能性がありますので、そのような時のためにも証拠集めは大切です。裁判で証拠として採用されるためにはかなりハードルが高くなりますが、そのような証拠を集めるためにも下準備は必要になります。
日ごろ出来る証拠集めとしては、記録をつけることです。日記でも良いのですが、その日に起こった事を記録することで浮気をしていそうな曜日、時間などをある程度知ることができます。また、クレジットカードの明細や銀行口座の利用状況なども参考となります。その他には携帯電話などの通話記録やメール履歴などを知ることも役に立ちます。
このようにして集めた浮気の証拠は、専門の探偵事務所などに調査依頼をして得られる証拠とはレベルが違うことが多いのですが、実際に調査依頼をする時にとても役に立ちます。調査依頼をする時には調査相手の情報が不可欠で、例えば、浮気の曜日や時間がある程度わかっていますと効率的な調査が出来ますので費用も節約できます。浮気の事実を示す証拠が集まりましたら次の段階に進むわけですが、その時にも専門業者のアドバイスが得られますと解決が早くなります。


浮気の確たる証拠を個人でつかむことは相手に悟られたりして失敗することも多いですから、普通は専門の探偵事務所に調査依頼することになるでしょう。信頼できる専門業者の調査では裁判などにも耐えられる浮気の証拠を集められます。
調査にかかる費用は業者によってマチマチですが、一応の目安としては、調査員一人あたり時給1万円と思って良いでしょう。これに調査員の人数と一日あたりの調査時間、日数をかけて、経費を加えたものが概算での費用です。浮気の調査はそれほど時間がかかりませんが、万が一時間がかかるようですと、業者によっては割引料金が適用されることもあります。
調査依頼は、馴染みの探偵事務所があれば良いのですが、普通はそうもいきませんので数社と電話やメールなどで連絡をとって見積りを出してもらうことです。調査料金は安ければ良いというものではないのですが、リーズナブルなところを選んで一度事務所に出向いて面談をします。ここで、契約を急がせるような業者は敬遠しましょう。契約は急がずに見積り、調査プランなどを一度持ち帰ってよく検討することが大切だと言われています。


ニセ探偵の浮気調査詐欺に要注意!

〜詐欺の手口〜

浮気調査 詐欺マンガ1


浮気調査 詐欺マンガ2

全国対応できる大手4社の比較表

大手探偵事務所・興信所4社を比較しました。


大手探偵4社の比較表


総合探偵アムス

総合探偵アムスの詳細はこちら


ISM調査事務所

ISM調査事務所の詳細はこちら


総合探偵社TS

総合探偵社TSの詳細はこちら


原一探偵事務所

原一探偵事務所の詳細はこちら


総合的に、原一探偵事務所がおすすめです。ただし、料金は安くありません。

※1日あたり8万〜の、8万円で済むのはかなり簡単な調査に限られます。一般的な調査では20万/1日はかかると考えた方がよいです。その分、調査成功率が高く、短期間で済むことでトータル安くなるケースもあります。


実績・調査力はダントツNo.1なので、原一は必ず候補に入れましょう。

原一探偵事務所の詳細はこちら